更新日時 2018年01月15日

協三工業製10t動車レストア記録再塗装編-12
出没!アド街ック天国の撮影で病院の屋上から撮影した協三工業製10t動車の写真です。
(2017年12月02日放送)
出没!アド街ック天国の撮影で病院の屋上で撮影するスタッフ。出没!アド街ック天国の場合は芸能人は殆ど来なく、撮影は番組製作会社のスタッフだけで撮影しています。
今回の補修作業は協三工業製10t動車の前面部スカートの穴を埋める作業です。
前面部スカートの穴はラッセルの回転シャフトがラッセル部分と繋がっていました。ラッセル部分は搬入前に外してしまったので、この穴はもう必要有りません。
レシプロソーで板を切りましたが、この棚板では1枚物で塞げないので別の板を切って取り付けました。
庭の温室に置き板の様な物がありましたので、それをレシプロソーで形を整えて嵌め込みました。
板を取り付けた全景です。
パテ埋めするので、板を少し奥に入れ込みます。
建築用の樹脂パテを塗りましたが、午前中に塗りましたが、夕方でもまだ固まっていません。やはり2液性のパテでないとダメですね。上手く固まらないようですと一端削って再度パテ埋めを行う予定です。
パテ埋めした状態の全景です。
建築用の樹脂パテがようやく固まりました。建築用の樹脂パテは少し凹ました状態にしています。
グラスファイバーパテをAmazonで買いました。グラスファイバーパテは2液混合型で建築用の樹脂パテよりは硬化が早めです。
グラスファイバーパテで埋めた状態です。この状態で1日硬化させます。
左側のラッセルの油圧系統配管用の穴も埋めます。
左側のラッセルの油圧系統配管用の穴をグラスファイバーパテで穴埋めを行いました。
右側のラッセルの油圧系統配管用の穴も埋めます。
右側のラッセルの油圧系統配管用の穴をグラスファイバーパテで穴埋めを行いました。
連結器収納BOXの切り欠きも穴もグラスファイバーパテで埋めます。
連結器収納BOXの切り欠きも穴に裏当ての厚紙を貼り付けてグラスファイバーパテで埋めました。
連結器収納BOXの切り欠きも穴(本体側)の裏当ては養生テープで塞ぎ、グラスファーバーパテを塗りました。
協三工業製10t動車の前面部のグラスファイバーパテの埋めた状態です。
サンダーにケレン用のやすりを取り付けます。
グラスファイバーパテをサンダーで荒削りを行いました。
連結器収納BOXの穴も荒削りを行いましたが、鉄板の下側がまだ欠けていますので、追加でグラスファイバーパテを塗ります。
平面の大きな場所は#60の紙ヤスリで削ります。
狭い場所は#60紙ヤスリを使い手で削って行きます。
ラッセル用の油圧配管の穴をグラスファイバーパテで埋めた状態です。
連結器収納BOXの本体側穴をグラスファーバーパテで埋めた状態です。意外と綺麗に埋まっています。
連結器収納BOXの扉のパテ埋め状況です。鉄板は3.2mm程度の薄い鉄板ですが、グラスファーバーパテで思ったより綺麗に埋められました。これぐらいの穴であればグラスファイバーパテは有効ですね。
協三工業10t動車のパテ埋め状況(塗装前)の全景です。
連結器収納BOXの切り欠き穴をグラスファイバーパテで埋めた後に塗装をした状態です。完全に切り欠き穴が有ったとは思えない状態で綺麗に仕上がりました。
連結器収納BOXの扉側の仕上がり状態です。この部分も切り欠き穴が有ったとは思えない状態で綺麗に仕上がっています。
ラッセル用の油圧配管の穴も綺麗に埋まっています。
ラッセル用の油圧配管の穴も綺麗に埋まっています。
連結器収納BOXやラッセルのシャフト用の穴も綺麗に埋まり仕上がっています。
協三工業製10t動車前面部の仕上がり状態です。穴が無くなりすっきりとしました。
戻る Copyright (C) 2008-2018 hotetu.net All Rights Reserved
外部から直接リンクで飛んできた方は右ホームページリンクへ http://www.hotetu.net/ 歩鉄の達人