更新履歴

更新日時 2017年10月17日

 煉瓦(れんが)は、粘土や頁岩、泥を型に入れ、窯で焼き固めて、あるいは圧縮して作られる建築材料。通常は赤茶色で直方体をしている。焼成レンガは、土の中に入っている鉄分の影響により赤褐色となる。耐火レンガは炉材にも使われる。日本において煉瓦建築の技術は、近代化とともに導入されたが、構造材として用いる場合は地震に弱いという難点があり、関東大震災では多くの被害を出したことから、煉瓦建築は小規模な建物を除いて激減した。ただし、建材には煉瓦風のタイルも様々な種類が存在し、仕上げ材としては現在でも多く用いられる。これは洋風の雰囲気を出すため、木造や鉄筋コンクリート造の表面に張り付けるものである。
上記イラストはフリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』より借用。
煉瓦構造物 ねじりまんぽ 煉瓦塀
煉瓦樋管 ランプ小屋 煉瓦橋梁・隧道
煉瓦塀写真集
国華山高龍寺煉瓦塀:国華山高龍寺は、北海道函館市にある曹洞宗の寺院。函館市内にある最古の寺院である。北面と西面に設けられたレンガ造りの防火塀。度重なる大火の歴史から、厚さ60cmにもなる重厚なレンガ塀で延焼を防止しました。1910年(明治43年)の建築とされていますが、上方の塀には明治40年の大火の跡らしい焼け焦げがあり、それ以前(明治10年代)に造られたものと思われます。レンガの積み方は、上部はフランス積みで下部はイギリス積み。
前橋刑務所:前橋刑務所は、法務省矯正局の東京矯正管区に属する刑務所。1888年(明治21年)前橋監獄として東群馬郡宗甫分村(1889年に同郡前橋町に合併)の現在地に開設。 開設時から1889年(明治22年)にかけ、レンガ積みの塀が整備された。歴史の古い刑務所であり、明治時代の開設時こそ市街地から離れた場所であったが、その後の都市化進行によって西側の利根川を除く三方を住宅地に囲まれる状態となっている。外堀に囲まれた赤煉瓦の正門・外壁は開設当初からのもので、細やかな部分に意匠が凝らされ、地元出身の詩人・萩原朔太郎の詩の題材ともなった。部分改築を受けつつも築造後120年に渡り供用されており、群馬県近代化遺産に指定されている。
高崎市 山田文庫煉瓦塀:旧中山道が常盤町で直角に向きを変える角地に、レンガ塀に囲まれた財団法人山田文庫があります。明治以前の建物と思われる母屋、土蔵二棟、明治16年移築の茶室、それを囲むレンガ塀は高崎都市景観重要建築物等に指定されています。明治・大正・昭和と産業界で中心的な役割を担った山田昌吉と、その娘夫婦の山田勝次郎(旧姓蝋山)ととくが、ここを自邸として活躍しました。高崎の歴史にとって欠くことのできない遺産であり、地域の歴史を将来に伝える商都高崎の歴史的シンボルといえます。
善通寺煉瓦塀:永禄年間(1558-69)覚阿上人の開基と伝えています。もとは時宗四条派大本山金蓮寺末三大寺の一寺としてたびたび法主を出した由緒ある寺院です。本堂は宝永3年(1706)の大修理を受けていますが、移築当時の様式をそのまま伝えているようです。本堂前には秦武文の碑が建てられ、境内八角堂には首無地蔵尊がまつられて信仰を集めています。 時宗の四条派金蓮寺の末寺ですが、尼崎は一遍上人遊行の地として深い関わりがあり、近在の時宗寺院の筆頭の位置を占めていました。
大物川緑地煉瓦の花壇:昭和11年〜47年に、九州や山口県で貨物列車として活躍していた蒸気機関車D 51(通称デゴイチ)がある公園。機関車の長さは19・5m、高さは約4mで、当時に走った距離は地球と月の間を3往復したぐらいになるそうです。0m地帯を流れる大物川は自然流下ができず、浄化作用が働かないことが汚染に拍車をかけ、高度経済成長期にはゴミ溜めのような状態となります。このため廃川が決定され、昭和40年(1965)に埋め立て工事が始まり、昭和45年に完了しています。この工事の結果、延長約6キロメートルの跡地が大物川緑地となり、公園として整備されました。
広瀬歴史記念館煉瓦塀:広瀬歴史記念館は明治維新の動乱から別子銅山を守り、さらに近代化を促進した広瀬宰平の業績やその生活ぶりを後世に伝えるために愛媛県新居浜市が設置した博物館である。展示館と旧広瀬邸からなり広瀬公園の中にある。広瀬宰平は1828年に近江の北脇家に生まれ、9歳で別子銅山に勤務し28歳の時に広瀬義右衛門の養子となった。幕末から明治初期にかけて支配人や住友家総理事などを歴任し明治新政府による接収から銅山を守り、また積極的に外国人技師の招聘や機械化など近代化を進め、ダイナマイトの活用や日本初の山岳鉄道の導入などで効率化を図った。南煉瓦塀:大正5年竣工、全長108m余。
山陽煉瓦・吉名煉瓦・東亜煉瓦
竹原市吉名では、明治28年(1895年)に松本勝太郎が登り窯を築い たのを皮切りに、レンガの生産が始まった。吉名は、鉄分を 多く含む良質な赤土が豊富な土壌であったため、品質が高く、 日清・日露戦争による需要の拡大とあわさり、瞬く間にレン ガの産地として名を馳せることとなった。大正14年(1925年)には、従来の登り窯より熱効率に優れたホフマン式輪環窯が建てられ、大量生産が可 能となった。吉名町には、ホフマン式輪環窯煙突部が現在に残り、平成19年(2007年) に経済産業省の近代化産業遺産認定遺産リストへ掲載された。現在、吉名町にレンガ 工場が3社あり、高品質なレンガを作り続けている。
旧松山堂・旧岩崎邸煉瓦
旧松山堂の煉瓦。既存の蔵から切り出した煉瓦壁をその記憶を継承する目的で展示しています。旧岩崎邸の煉瓦塀。この煉瓦塀はこの場所に有った岩崎邸・三菱社の擁壁の煉瓦を再利用して造られたものです。岩崎邸・三菱社の擁壁は明治時代に築造されたもので、煉瓦の平面には桜印の刻印が有ることから、小菅集治監で製造された物で有ることが解る。煉瓦の製法は型造りではなく鉄線で切り取って製作されたもので、1個1個微妙に大きさが異なる。
讃岐煉瓦の煉瓦塀
讃岐煉瓦は香川県観音寺市で煉瓦の製造を行っていた会社で、讃岐煉瓦の名前の会社は現在でも残っていて、現在は自動車教習所の経営、温浴施設の経営、建築資材の卸、不動産の賃貸・管理、宅地造成並びに分譲、損害保険代理行などの事業を行っている。讃岐煉瓦は広島の原爆ドームで使われている。
住所:香川県観音寺市有明町5
加藤味噌製造煉瓦。この煉瓦は旧加藤味噌製造の煉瓦である。
住所:東京都荒川区南千住6-12
田中煉瓦田中邸の煉瓦塀と煉瓦蔵:明治初年武蔵國豊島郡船方村字前田八番屋敷 田中榮蔵(文化十二年生)は、明治維新より文明開化の進展に伴い西洋建築が興隆し煉化石の需要増大に着目 河川の便益と立地条件に適した同地荒川岸に煉化石製造工場を建設し獨力をもって明治二年二月吉日煉化石製造を創業。主に工部省陸軍省歩兵工廠等諸官廳及び会社工場に建設資材として販売。就中明治二十三年東北本線鉄道工事用の煉瓦製造を請負い岩手県一戸町に工場を建設し二年間に亘り五百五十万本を生産納入せり。然るに大正時代になり煉瓦建築は衰退、時に関東大震災に因り工場倒壊のため煉瓦製造を廃止し昭和三年三月煉瓦営業を廃業す。2016年12月18日探索。
加藤研磨工業所煉瓦塀
住所:東京都荒川区荒川8-18-8
加藤研磨工業所は1957年(昭和32年)に創業、50年以上の長きに渡り下町情緒の残る東京・荒川区で研磨業に勤しんできました。 現在では創業者の息子である兄弟2人が中心となり、ベテランと若い世代と一緒に技術を磨いています。 バフ研磨ではバルブ、タンク、ポンプ等の内面研磨や小物から人の手では持ち上げられない大きなもの、表面が粗い鋳物なども研磨することができます。 電解研磨ではバフ研磨後に電解研磨をすることも多くなっています。
2016年12月18日探索。
荒川区民家の煉瓦塀
住所:東京都荒川区東尾久8-12
下部が煉瓦塀で上部はコンクリートブロックで積まれている。コンクリートブロックは後年に積まれたものか?建物は洋風の建物。
2016年12月18日探索。
板橋区の煉瓦塀
現在はマンションの煉瓦塀になっているが詳細は不明である。戦後の1940年代の航空写真を見ると大きな工場等は無かったようなので個人の住宅跡と思われる。
住所:東京都板橋区板橋3-40
2016年12月18日探索。
佐藤病院の煉瓦塀
表側は焼き過ぎ煉瓦。
沿 革
・明治42年7月佐藤医院創設
・大正7年9月佐藤病院に改称
・昭和20年3月東京大空襲により、病院建物は全焼
・昭和20年6月佐藤診療所再開
・昭和23年10月佐藤病院に改称
・昭和45年7月増改築工事完了
2016年12月18日探索。
千住製絨所は、かつて東京都荒川区南千住にあった官営の工場。明治新政府によって設立され、被服生地を製造していた。1945年(昭和20年)、敗戦により一切の操業を停止し、土地建物併せて足立区の民間企業・大和毛織に売却されたが、業績不振により1960年(昭和35年)に操業停止となり閉鎖、製絨所は80余年の歴史に幕を閉じた。現在、ライフ店舗横に数メートル残され、産業遺構として保存されている。
2016年12月18日探索。
凸版印刷煉瓦塀:1938年(昭和13年)東京市板橋区志村(現 東京都板橋区志村一丁目)に板橋工場を竣工、操業開始ニューヨーク株式市場に端を発する世界恐慌は、日本の産業界を深刻な不振に追い込みました。新工場の板橋工場は、総面積約6万6000平方メートル。工場の建物は4万平方メートルあり、洋風庭園と運動設備を備え、当時の工場のイメージを一新する近代的な工場でした。第1期工事が終了した1938年に操業を開始、すべて完成したのは1940年でした。
2016年12月18日探索。
大阪織物煉瓦遺構:大阪織物株式会社は1906年(明治39年)に設立。木綿縮の生産から始まり、1911年(明治44年)に原糸紡績機を新設。従業員は大正期を通じて堺市で1、2位を争うほどの規模を誇ったが、紡績会社全体の中では中堅規模に位置図けられる。沖縄出身の女工を多く雇い、1913年の女工数は427人だったが、大戦時の好景気に約1700人までに急増している。終戦後は女工数を900人台まで減らしたが、その後徐々に持ち直し1937年には1500人近くになっている。工場の敷地内に4棟の寄宿舎があった。女工たちの生活の場は、工場内の持ち場、寄宿舎、そして許可を得て出られる外の世界だった。
2016年12月11日探索。
日本赤十字社医療センターの前身の日本赤十字社病院は、1886年(明治19年)に東京飯田町に開院し、1891年(明治24年)に現在地に移転した。病院の建設の際に道路沿いに長い煉瓦塀が造られた。特別に注文した煉瓦を使ったという。煉瓦塀は現在の病棟新築の際に取り壊されたが、日本赤十字看護大学新校舎建築の際に、煉瓦を利用した校門が造られた。また医療センター入口付近にも煉瓦塀の一部が復元され、共に往時の煉瓦塀を偲ばせている。
2016年11月27日探索。
桐生市藤江醫院煉瓦塀:日本織物会社を設立した佐羽家と友人で、日本織物の発電所の為に製造された桐生煉瓦製造の煉瓦を分けてもらったとの噂がある。 桐生煉瓦製造会社は明治21、22年の2年だけ存在していた会社。
2016年11月20日探索。
足利市旧木村浅七邸:明治初期に竣工。煉瓦塀及び敷地内部に須長藤吉煉瓦製造所の刻印が見つかる。初代・木村浅七は、上州山田郡須永村の生糸商・星野家の三男として生まれ、織物業の木村家の養子となり家督を継ぎます。足利模範撚糸合資会社の初代社長や、足利銀行・渡良瀬水力電気・足利瓦斯鰍フ役員としても活躍しています。
住所:栃木県足利市助戸仲町453
2016年11月20日探索。
東京煉瓦刻印探索2016
住所:東京都渋谷区上原1丁目33
ガンタ積みの煉瓦擁壁。
2016年09月11日探索。
三菱電線工業箕島製作所(旧紀伊莫大小紡績)
住所:和歌山県有田市箕島663
竣工:大正15年
赤煉瓦の塀。
この地に初めに工場を建設したのは紀伊莫大小紡績でした。その後大正14年(1925年)に和歌山紡織が、工場を機械ともで買収し、敷地造成して敷地を広め、昭和3年(1928年)1月より箕島工場として操業した。
2016年09月06日探索。
工事中 1 2 3 4
 Copyright (C) 2008-2017 hotetu.net All Rights Reserved
外部から直接リンクで飛んできた方は右ホームページリンクへ http://www.hotetu.net/ 歩鉄の達人
出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
煉瓦塀写真集