更新日時 2016年04月18日

四日市あすなろう鉄道内部線・八王子線
 四日市あすなろう鉄道内部線は、あすなろう四日市駅から内部駅までを結ぶ四日市あすなろう鉄道の鉄道路線。全線が三重県四日市市内を走る。軌間762mmという特殊狭軌の軽便鉄道として建設され、現在も当時のままの軌間で運行される。あすなろう四日市駅 - 日永駅間には、同じく軌間762mmの八王子線の列車が直通している。1965年(昭和40年)4月から近畿日本鉄道(近鉄)が運営していたが、2015年(平成27年)4月より、四日市市が第三種鉄道事業者として鉄道施設と車両を所有し、新たに近鉄と四日市市が共同で出資して設立した四日市あすなろう鉄道が第二種鉄道事業者として公有民営方式により鉄道施設と車両を無償で借用して運行する。近鉄のプリペイド式乗車カードであるパールカード(2008年で販売終了)により自動券売機による乗車券の購入ができるが、2007年(平成19年)4月1日から近鉄でサービスを開始しているICカード「PiTaPa」には近鉄時代から非対応である。
四日市あすなろう鉄道内部線・八王子線
近鉄四日市駅 - 赤堀駅 - 日永駅(>>西日野駅) - 南日永駅 - 泊駅 - 追分駅 - 小古曽駅 - 内部駅
(八王子線廃線区間)西日野駅 - 室山駅 - 伊勢八王子駅
 近鉄四日市駅(きんてつよっかいちえき)は、三重県四日市市安島一丁目にある、近畿日本鉄道(近鉄)の駅。
 内部線(地上駅舎)頭端式1面2線の島式ホームを持ち地上駅で、湯の山線の高架下にある。名古屋線・湯の山線コンコースとは改札外だが陸橋で連絡している。改札口は頭端部の1ヶ所のみである。 
 内部・八王子線は、軽便鉄道(特殊狭軌線)規格で建設されたため線路幅(軌間)が762mmと狭い。その特殊さゆえ、他線区の車両を転用できず、四日市鉄道由来のモニ210形(旧四日市鉄道デハニ51形。1928年製)など、旧型車両が長年にわたって使用されてきた。しかも、これらの旧型車は制御器として路面電車などと同様の直接式制御器を搭載しており、折り返し時には機回り線による編成の組み替えを実施する必要があり、折り返し駅に人員を配置し、分岐器を設置しておく必要があって経費上問題となってもいた。
 更に、老朽化の進んだ車両を放置し続けることは旅客サービス上看過しえず、新造車の早急な投入が要請されたため、新造車の投入によってこれら旧型車両の置き換えが計画された。こうして近鉄グループの近畿車輛で1982年から1983年に四日市向き制御電動車のモ260形が5両、内部・八王子向きの制御付随車のク160形が3両、合計8両が製造された。  
 座席は通路を挟んで各1列ずつ固定クロスシートが設置されており、この点でもロングシートであった270系とは異なる。設計段階では特殊狭軌線での使用に適した冷房機が存在しなかったため、非冷房車として竣工しており、現在もそのまま使用されている。 
 近鉄四日市駅 - 赤堀駅間の内部線線路。南浜田駅 -1944年 南浜田信号場 -1986年
 近鉄四日市駅 - 赤堀駅間の内部線四日市第6号踏切より撮影。
  赤堀駅(あかほりえき)は、三重県四日市市赤堀二丁目にある、近畿日本鉄道(近鉄)内部線の駅。日永駅から乗り入れる八王子線の列車も利用可能である。
  赤堀駅駅構造は単式1面1線のホームを持つ地上駅。ホーム有効長は3両分。棒線駅のため、内部・西日野方面行きと四日市行きの双方が同一ホームに発着する。無人駅だが、駅舎内の自動券売機で当駅からの乗車券を購入可能。駅舎はホーム四日市寄りにあるが、改札口での検札は行われない。
赤堀駅 - 日永駅間の 落合川を渡る近鉄内部線。
 赤堀駅 - 日永駅間の赤堀 第1号踏切より撮影。
 東海道。 鹿化川(かばけがわ)と近鉄内部線鹿化川橋梁。
 赤堀駅 - 日永駅間の赤堀 第4号踏切より撮影。
 日永駅(ひながえき)は、三重県四日市市日永一丁目にある、近畿日本鉄道(近鉄)の駅。内部線と八王子線が、当駅で分岐する。 
 日永駅構造は単式ホームと三角形の形をした島式ホームによる複合型2面3線ホームの地上駅。両ホームに挟まれた2線(1・2番線)が内部方面に、島式ホームの外側の1線(3番線)が西日野方面に通じている。内部発着列車同士、及び内部発着列車と西日野発着列車による列車行違いが可能(但しダイヤ上では後者の方が圧倒的に多く、前者については泊駅で行われることが多い)。駅舎は単式の1番ホーム東側にあり、島式の2・3番ホームへは構内踏切で連絡している。ホーム有効長は3両分。無人駅であり、構内での検札も行われないが、駅舎内の自動券売機で乗車券を購入可能。かつては駅長所在駅であった。 
 日永駅は3番ホームは内部・八王子線における最急曲線(半径100m)の外側にあり、列車とホームとの隙間が大きいため乗降には注意が必要である。また、この部分を通過できるように車体長の長いモ260・ク160型車両は車体端部隅部がカットされている。かつては3番線の反対側にもホームがあり、3面4線であった(当時は八王子線列車同士の行き違い設備があった)。現在も廃止されたホームの跡が残っている。内部・八王子線全線が単線自動化される前には、島式の2・3番ホームの四日市方に近鉄四日市駅〜当駅間の信号・ポイントを制御する信号扱い所(現在は撤去)があった。 
 日永駅 - 西日野駅間の八王子線 日永 第2号踏切より撮影。
 日永駅 - 西日野駅間の八王子線 日永 第5号踏切より撮影。
 西日野駅(にしひのえき)は、三重県四日市市西日野字東浦にある、近畿日本鉄道(近鉄)八王子線の駅。かつては伊勢八王子駅まで路線が延びており途中駅であったが、1974年に並行する天白川の集中豪雨により当駅 - 伊勢八王子間が営業休止となり、そのまま廃線になった事から終着駅となった。
 西日野駅構造は単式1面1線のホームを持つ地上駅。来た列車がそのまま折り返すだけの構造である。ホーム有効長は3両分。無人駅であるが、駅舎に自動券売機が設置されており、乗車券購入可能。駅舎は線路車止め側にある。便所は改札外にあり、男女共用の汲取式。
日永駅 - 南日永駅間の日永 第2号踏切から撮影。
日永駅 - 南日永駅間の天白川橋梁。
日永駅 - 南日永駅間の内部線橋梁。旧橋梁の橋台跡が残る。 
日永駅 - 南日永駅間の日永 第3号踏切から撮影。
日永駅 - 南日永駅間の日永 第4号踏切から撮影。
 南日永駅(みなみひながえき)は、三重県四日市市日永四丁目にある、近畿日本鉄道(近鉄)内部線の駅。
 南日永駅構造は単式1面1線のホームを持つ地上駅。ホームは線路東側にあり、有効長は3両。棒線駅のため、内部行きと四日市行きの双方が同一ホームに発着する。無人駅であるが、駅舎内に自動券売機があり乗車券の購入が可能。駅舎はホーム東側にあるが、構内での検札は行われない。
南日永駅 - 泊駅間の南日永 第1号踏切より撮影。
南日永駅 - 泊駅間の南日永 第2号踏切より撮影。
南日永駅 - 泊駅間の南日永 第3号踏切より撮影。
南日永駅 - 泊駅間の第11号溝橋。平成5年3月。
南日永駅 - 泊駅間の南日永 第5号踏切より撮影。
鉄砲川(天井川の様だ)
南日永駅 - 泊駅間の第13号溝橋。平成5年3月。
南日永駅 - 泊駅間の南日永 第6号踏切より撮影。
南日永駅 - 泊駅間の南日永 第7号踏切より撮影。
泊駅(とまりえき)は、三重県四日市市泊町にある、近畿日本鉄道(近鉄)内部線の駅。
 泊駅構造は島式1面2線のホームを持つ、行違い可能な地上駅。ホーム有効長は3両分。駅員無配置駅であるが、駅舎内に自動券売機があり乗車券購入が可能。駅舎は線路東側の内部寄りにあり、ホームへは構内踏切で連絡している。なお、入線列車は左側通行ではなく右側通行となっている。1989年(平成元年)に行なわれた単線自動閉塞化にあわせて、従来の左側通行から改められた。また列車の行違いは日永駅でもできるが、同駅では内部線列車と八王子線列車による行違いが殆どで、内部線上下列車同士の行違いは殆ど当駅で行われる。
泊駅 - 追分駅間の泊 第1号踏切より撮影。
泊駅 - 追分駅間の泊 第2号踏切より撮影。
泊駅 - 追分駅間の内部線。
泊駅 - 追分駅間の泊 第4号踏切より撮影。
泊駅 - 追分駅間の泊 第5号踏切より撮影。
泊駅 - 追分駅間の泊 第6号、7号踏切より撮影。
追分駅(おいわけえき)は、三重県四日市市追分三丁目にある、近畿日本鉄道(近鉄)内部線の駅。
 追分駅構造は単式1面1線のホームを持つ地上駅。ホームは線路西側にある。棒線駅のため、内部行きと四日市行きの双方が同一ホームに発着する。無人駅だが、駅舎内に自動券売機があり乗車券購入可能。駅舎はホーム西側にあるが、構内での検札は行われない。時々、係員による改札が行われる。
追分駅 - 小古曽駅間の追分 第1号踏切より撮影。
追分駅 - 小古曽駅間の追分 第2号踏切より撮影。
追分駅 - 小古曽駅間の内部線線路。踏切ではないが地元の人の通路になっている様だ。
追分駅 - 小古曽駅間の追分 第3号踏切より撮影。
小古曽駅(おごそえき)は、三重県四日市市小古曽二丁目にある、近畿日本鉄道(近鉄)内部線の駅。
 小古曽駅構造は単式1面1線のホームを持つ地上駅。ホームは線路西側にあり、有効長は3両分。棒線駅のため、内部行きと四日市行きの双方が同一ホームに発着する。改札口はホーム内部寄りにあるが検札は行われない。無人駅で、かつ内部線では唯一自動券売機が設置されていない。そのため、当駅から乗車の際には、内部線途中駅及び西日野駅で降車の場合は車内で、内部駅及び四日市駅で降車の場合は駅窓口で(四日市以遠に行く場合も四日市駅で)精算する必要がある。
小古曽駅 - 内部駅間の小古曽 第1号踏切より撮影。
小古曽駅 - 内部駅間の小古曽 第2号踏切より撮影。
小古曽駅 - 内部駅間の小古曽 第2号踏切より撮影。
小古曽駅 - 内部駅間の内部線線路。
 内部駅(うつべえき)は、三重県四日市市小古曽三丁目にある、近畿日本鉄道(近鉄)内部線の駅。内部線の終着駅である。
 内部駅構造は単式1面1線のホームを持つ地上駅。ホームは線路北側にあり、有効長は3両。駅舎(改札口)はホーム北側にある。
 駅構内に検車設備(白塚検車区内部車庫)がある。内部・八王子線の車両はすべてここに所属する。重要部・全般検査の際は、車体は車庫内で行い、床下機器・台車などはトラックで塩浜検修車庫に輸送して行う。かつては内部駅から先に延長計画があり、実際に工事にも着手していたため、駅周辺にその遺構がある。
形式 ク 160。 形式 サ 120。
戻る Copyright (C) 2008-2016 hotetu.net All Rights Reserved
外部から直接リンクで飛んできた方は右ホームページリンクへ http://www.hotetu.net/
出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』