更新日時 2017年09月07日

砺波市 庄川合口ダム
 庄川合口ダムは富山県砺波市庄川町にあるダム。別名舟戸ダム、庄川用水合口ダム。堤高18.5m、最大貯水量626,000m3の重力式コンクリートダム。間組と加藤組の施工により1939年(昭和14年)に完成した。所在地は庄川水記念公園にほど近い。庄川本流で最も下流に位置するダムである。砺波平野の用水を取得しているほか、関西電力の中野発電所と雄神発電所による水力発電に利用されている。2004年(平成16年)に庄川合口堰堤として登録有形文化財に登録されている。テレビアニメAnotherに登場する架空のダムのモデルとなった。
ダム型式:重力式コンクリートダム
堤高:18.5m
堤頂長:103.3m
堤体積:20,000立米
流域面積:1,113ku
湛水面積:16.0ha
総貯水容量:626,000立米
有効貯水容量:405,000立米
利用目的:灌漑、上水道、発電
事業主体:富山県
電気事業者:関西電力
発電所名(認可出力)
中野発電所(6,700kW)
雄神発電所(14,000kW)
施工業者:間組、加藤組
着工年/竣工年:1934年/1939年
@堤頂長:103.3m。
@庄川合口ダムの流木などの集塵装置。
@庄川合口ダムの流木などの集塵装置の操作室。ジブクレーンの運転席のような感じですね。動いているところを見て見たいですね。
A庄川合口ダムのダム湖。
総貯水容量:626,000立米
有効貯水容量:405,000立米
A庄川合口ダムのラジアルゲートから放流している。
A庄川合口ダムの流木などの集塵装置とその奥に管理棟が見える。
A庄川合口ダムのダム湖右岸側。
B庄川合口ダムの右岸から堤頂を見る。
堤高:18.5m
堤頂長:103.3m
B庄川合口ダムの右岸のリムトンネル。リムグラウチングの作業のため、堤体上面横の山に掘った小型トンネルをリムトンネルと呼んでいます。一般に幅は 2メートル、高さ 2.5メートル程度の断面積です。奥行きは一般に数十メートル程度です。リムグラウチングとは堤体の両側の地山の部分に作るカーテングラウチングを特にリムグラウチングと呼んでいます。ダム完成後に貯水がダムの両袖部を迂回して下流方向に漏れ出すのを防ぎます。
B庄川合口ダムの右岸に殉職者慰霊碑が設置されている。
B庄川合口ダムの右岸からダム堤頂を見る。
@右岸から見た庄川合口ダム。
Copyright (C) 2008-2017 hotetu.net All Rights Reserved
外部から直接リンクで飛んできた方は右ホームページリンクへ http://www.hotetu.net/ 歩鉄の達人
出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
出典: 「国土地理院の電子国土Web(地図画像)『砺波市』を掲載」