更新日時 2017年08月21日

 小口川第三発電所資材運搬軌道:小口川第三発電所は小口川の有峰林道対岸に設置されているため、アクセスが非常に悪く、有峰林道対岸の小口川第二発電所より索道で高低差約250mほど資材を運搬してそこから、小口川第三発電所資材運搬軌道で約3.5kmほど運搬していた。そのうち索道から約1.5km程が廃止され、小口川第三発電所資材運搬軌道廃止区間にはナンバー無しのISUZU ELF100の小型トラックの運搬に運用が変更された。廃線跡には埋もれたレールの痕跡が残っている。その先には三菱のパジェロを改造した小口川第三発電所資材運搬軌道が現役で残っている。
@真立ダムより取水し送水管で落差を得て発電している小口川第二発電所。
@この索道で資材関係を250m程の高低差を運搬する。人は歩いて登る必要があるので大変だ。
@小口川を渡り、小口川第二発電所へ行く道を右の登山道へ登って行く。
A登山道は索道の下を1回通過する。猿や熊が周辺にいるので注意。
B真立ダムからの送水管。行きは登山道から登ったが帰りは送水管のメンテ用の階段から降りました。
C途中に椎茸?見たいなきのこが生えていた。アブが多く夏場の探索は大変です。
C途中に北電の境界杭を発見。
D小口川第三発電所資材運搬軌道の廃止区間はこのエルフで運搬しているようだ。鍵が置いてある。
D小口川第二発電所から上部の軌道を繋ぐ索道上部。
D索道の機械室に自転車が置いてあった。トラック使わない場合は自転車で移動しているようだ。
D小口川第三発電所資材運搬軌道の廃線跡。
E小口川第三発電所資材運搬軌道の廃線跡。レールが埋設されていて残っている。
F小口川第三発電所資材運搬軌道の廃線跡。
G小口川第三発電所資材運搬軌道の廃線跡。レールが埋設されていて残っている。
H小口川第三発電所資材運搬軌道の廃線跡。
I小口川第三発電所資材運搬軌道の廃線跡。
J小口川第三発電所資材運搬軌道の廃線跡。廃線跡が崩れている。数日前の豪雨で崩れたと思われる。
K小口川第三発電所資材運搬軌道の廃線跡。レールが埋設されていて残っている。
L小口川第三発電所資材運搬軌道の廃線跡。
M小口川第三発電所資材運搬軌道の廃線跡。
N小口川第三発電所資材運搬軌道の廃線跡。
N第5横坑。地中に埋設されている送水管への横穴。10m程奥に丸い管が見える。
O小口川第三発電所資材運搬軌道の廃線跡。借受期間が平成29年3月31日で修了しているが?
P小口川第三発電所資材運搬軌道の廃線跡。
Q小口川第三発電所資材運搬軌道の廃線跡。
R小口川第三発電所資材運搬軌道の廃線跡。
S小口川第三発電所資材運搬軌道の廃線跡。
@小口川第三発電所資材運搬軌道の廃線跡。
A小口川第三発電所資材運搬軌道の廃線跡。
B小口川第三発電所資材運搬軌道の廃線跡。
B小口川第三発電所資材運搬軌道の廃線跡。
B小口川第三発電所資材運搬軌道のここからは現役線。
戻る Copyright (C) 2008-2017 hotetu.net All Rights Reserved
外部から直接リンクで飛んできた方は右ホームページリンクへ http://www.hotetu.net/ 歩鉄の達人
出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
出典: 「国土地理院の電子国土Web(地図画像)『富山市』を掲載」
廃線探索 小口川第三発電所資材運搬軌道